ページの先頭です

令和3年度(令和2年分)給与支払報告書の提出

[2020年11月11日]

給与支払者は、令和2年中に支払が確定した給与の額などについて、給与受給者ごとに給与支払報告書を作成し、各市区町村へ提出いただく必要があります。

提出期限

令和3年2月1日(月曜日)

※提出期限を過ぎますと、6月からの課税(納付)に間に合わない場合がありますので、ご注意ください。

提出書類・提出先

令和3年1月1日現在(これ以前に退職した方は退職日現在で可)で給与受給者が居住する市区町村あてに提出してください。あきる野市に給与受給者が居住している場合は、以下のとおり提出してください。

紙媒体で提出するとき

提出書類

  • 「総括表(1部)」
  • 「個人別明細書(2部)」
  • 「普通徴収切替理由書(1部)」(普通徴収の該当者がいない場合は不要)

提出先

〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地
  あきる野市役所 市民部課税課市民税係 (「給与支払報告書在中」と記入してください。)

※あきる野市役所2階 課税課市民税係窓口でも受付しています。
※令和3年1月以後提出する給与支払報告書については、前々年における「給与所得の源泉徴収票」(所得税)の税務署へ提出すべき枚数が100枚以上であるときは、電子媒体(「eLTAX(エルタックス)」等)による提出が義務付けられました。

電子媒体で提出するとき

「eLTAX(エルタックス)」を利用して、電子データで作成した給与支払報告書をインターネット経由で提出できます。
詳しくは、地方税共同機構のeLTAXのホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

給与支払報告書の概要

  • 給与支払報告書は、「総括表(表紙となるもの)」と「個人別明細書(給与受給者ごとに作成)」の2種類からなっています。                                                                                                                                                                                               「総括表」は事業所の名称・連絡先などを記入し、「個人別明細書」は給与受給者の前年中(1月から12月まで)の給与支払金額等を記入していただく書類です。
  • 税務署に提出する「給与所得の源泉徴収票」(所得税)と異なる点は、給与支払金額が少額の場合であっても、給与支払報告書を提出いただく必要がある点です。
    ※なお、所得の有無や扶養の有無の記載が、保険料や保育料の算出根拠に関係するため、正しく報告くださいますようお願いいたします。
  • 提出する書類は、「総括表」と「個人別明細書」です。「総括表」と「個人別明細書」を一緒に提出してください。
    ※「普通徴収切替理由書」がある場合は、「個人別明細書」の特別徴収分と普通徴収分の間に仕切り紙として入れ、一緒に提出してください。
  • あきる野市では、原則として令和2年10月末時点で特別徴収をしている事業所に対して、12月上旬に、提出依頼文書とあきる野市指定の「総括表」(青色)を郵送する予定です。
    ※市からの給与支払報告書の提出依頼が来ない場合でも、令和3年1月1日現在であきる野市に居住する給与受給者がいる場合は、給与支払報告書を提出いただく必要がありますので、ご注意ください。

記入上の注意点など

  • 個人別明細書の様式につきましては、税制改正等に伴い、令和3年度(令和2年分)から一部項目が変更となっていますので、新しい様式をご利用ください。 記入方法は、下の「個人別明細書を記入するとき」をご覧ください。                                                                ※新しく設けられた項目
     「基礎控除の額」・「所得金額調整控除額」・「ひとり親」
    ※変更された項目
     「給与所得控除後の金額(調整控除後)」・「寡婦」・「受給者生年月日」の「元号」
    ※削除された項目
     「寡夫」
  • 社会保障・税番号制度の導入に伴い、「個人番号」・「法人番号」の記入をお願いいたします。
  • 特別徴収の推進のため、東京都では平成29年度から原則として全ての事業主の方に、特別徴収義務者の指定を実施しています。地方税法第321条の3、第321条の4、市条例等の規定により、特別徴収していただくようご理解ご協力をお願いします。
    ※普通徴収切替理由に該当する場合は、例外的に普通徴収とすることが可能ですが、その場合は、「普通徴収切替理由書」を一緒に提出していただく必要があります。

  ◎給与支払報告書の「総括表」・「個人別明細書」と「普通徴収切替理由書」は、
   「住民税に関する様式のダウンロード」からダウンロードできます。

普通徴収が認められる基準

  • 普通徴収を認める切替理由には、「普A」~「普F」があります。この切替理由に該当する方がいる場合は、「普通徴収切替理由書」を一緒に提出してください。
  • 「個人別明細書」の「摘要」欄に該当する符号(「普A」~「普F」)を記入してください。
  • 「普通徴収切替理由書」の提出がない場合や切替理由に該当しない場合は、原則として、特別徴収の対象者になります。
普通徴収の切替理由と符号
符号 普通徴収切替理由 人数
普A 総従業員数が2人以下
(他の市区町村を含む事業所全体の受給者の人数で、以下の普B~普Fの理由に該当して普通徴収とする対象者を除いた従業員数)
普B

他の事業所で特別徴収
(例:乙欄適用者)

普C

給与が少なく税額が引けない
(年間の給与支払金額が96.5万円以下)

普D

給与の支払が不定期
(例:給与の支払が毎月ではない。)

普E

事業専従者
(個人事業主のみ対象)

普F

退職者または退職予定者(5月末日まで)
休職者(4月1日現在で給与の支払を受けていない従業員)

普通徴収合計人数

総括表を記入するとき

  • あきる野市指定の「総括表」(青色)の印字項目(所在地、名称、電話番号、納入書の必要・不要等)に訂正がある場合は、赤字で訂正してください。
    ※電子申告で提出いただく場合は、訂正後の内容で送信してください。
  • あきる野市指定の「総括表」(青色)を使用しない場合は、「総括表」の指定番号の欄に、あきる野市の指定番号(あきる野市が指定する特別徴収義務者の番号)を記入してください。
    ※あきる野市の指定番号がない事業所は、「新規」と記入してください。
  • 提出後に追加、訂正、削除が発生した場合は、「総括表」と「個人別明細書」の余白に「追加」・「訂正」・「削除」の区分を明記の上、再度提出してください。

個人別明細書を記入するとき

  • 住所、氏名、フリガナ、生年月日、個人番号は、必ず記入してください。
  • 扶養親族は、令和2年12月31日の状況により記入してください。
    ※16歳未満の扶養親族がいる場合は、必ず「16歳未満の扶養親族の数」欄に人数も記入してください。
  • 所得税からの住宅借入金等特別控除の適用を受ける方は、住民税からの控除の該当または非該当を決定するために、居住開始年月日にかかわらず全ての方について住宅借入金等特別控除の額の内訳欄に、「居住開始年月日」と「住宅借入金等特別控除可能額」を必ず記載してください(所得税から引ききれた場合には可能額の記載は不要です。)。
  • 生命保険料控除は、住民税においては、控除額の上限や計算方法が所得税とは異なるので、各種保険料の支払金額を必ず記載してください。
  • 普通徴収に該当する給与受給者がいる場合は、「摘要」欄に普通徴収切替理由の符号(「普A」~「普F」)を記入してください。
  • 他社(前職等)分の給与を合算して年末調整をしている場合は、「摘要」欄に他社の名称、支払金額、社会保険料等の金額、源泉徴収税額を記入してください。

【令和3年度から適用される税制改正に伴う変更点】

  • 「基礎控除の額」欄に合計所得金額に応じた基礎控除額を記入してください。
  • 給与収入850万円超で子育て世帯や特別障害者の要件に該当する場合は、「所得金額調整控除額」欄に所得金額調整控除額を記入してください。
  • 「給与所得控除後の金額(調整控除後)」欄に給与所得控除後の金額から所得金額調整控除額を引いた金額を記入してください。
  • 改正された寡婦または未婚のひとり親の要件に該当する場合は、「寡婦」欄または「ひとり親」欄に「〇」を記入してください。
  • 所得1000万円超(給与収入1195万円超、ただし所得金額調整控除の対象である場合は1210万円超)で同一生計配偶者がいる方については、「摘要」欄に「同一生計配偶者名(同配)」と記載してください。

  ◎税制改正の詳細については、「令和3年度から適用される住民税の主な改正点」をご覧ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 市民部 課税課
電話: 市民税係 内線2431

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)