ページの先頭です

ゆうちょPay(銀行Pay)

[2020年10月1日]

『ゆうちょPay』(銀行Pay)で市税を納付できます

「ゆうちょPay」(銀行Pay)とは

払込取扱票に印刷されたバーコードを、スマートフォンの銀行Pay各行アプリで読み込むことにより、各アプリに対応する金融機関口座より公共料金等のお支払をご利用いただけるサービスです。

ゆうちょPay(銀行Pay)は、窓口・コンビニエンスストア等に納付書を持参することなく、スマートフォンからいつでも、どこでも、かんたんに納付することが可能です。

※利用者に手数料はかかりません。

「ゆうちょPay」(銀行Pay)が利用できる市税

市・都民税(普通徴収)/固定資産税・都市計画税/軽自動車税(種別割)/国民健康保険税

ご利用の流れ(例 ゆうちょPay)

(1)請求書とスマートフォンをお手元に用意し、取引暗証番号を入力してアプリを起動してください。
(2)「お支払い」から「コード読取」→バーコードを読み取ります。
(3)画面の内容を確認し、「お支払いへ進む」をタップします。
(4)支払い金額を確認し、スライドします。
(5)取引暗証番号を入力すると、支払い完了です。

 スマートフォンへアプリのインストールが必要です。利用登録やチャージ方法の詳細については、こちらのゆうちょPayホームページ、からご確認いただけます。他行のアプリについては、それぞれのホームページでご確認ください。

※ アプリケーションインストール時や利用時に生じる通信料は、利用者様のご負担となります。

「ゆうちょPay」(銀行Pay)ご利用の際の注意事項

・ 利用限度額は、納付書1枚あたり30万円までとなります。納付書にバーコードが印字されていても、納付書1枚あたりの

金額が30万円を超える場合、「ゆうちょPay」(銀行Pay)による納付はできません。

・ 取扱期限(発行日から1年)を過ぎている納付書、バーコードが印字されていない納付書はご利用いただけません。

・ 「ゆうちょPay」(銀行Pay)を利用した場合、納税証明書の発行に必要な納付確認におおむね2~3週間を要するため、

納付後すぐに納税証明書が発行できないケースがございます。ご了承ください。

※ 領収証書は発行されません。領収証書や車検(継続検査)用納税証明書が必要な場合、「ゆうちょPay」(銀行Pay)を利用せず、納付書裏面記載の金融機関やコンビニエンスストア等で納付してください。

※ ご利用した際は、お手元に納付書が残りますので、再度納付することのないようご注意ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所市民部徴税課

電話: 徴税係 内線2441、2442、2443、2444

お問い合わせフォーム


ゆうちょPay(銀行Pay)への別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)