ページの先頭です

アーティスト・イン・レジデンス事業

[2020年5月1日]

令和2年度「アートスタジオ五日市 レジデンス事業」中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、9月1日(火曜日)から11月30日(月曜日)に予定されていた令和2年度「アートスタジオ五日市 レジデンス事業」を中止いたします。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

アーティスト・イン・レジデンス事業

ENGLISH

アートスタジオ五日市レジデンス事業は、国内外で活躍中の版画を制作する若手芸術家を招へいし、国籍を越えて芸術家が共に創作する機会を提供し、若手芸術家の発掘・育成を図るとともに、作品の発表や芸術家と地域住民等との交流を図ることにより、芸術や異文化についての相互理解を深め友好親善の促進に寄与することを目的として、あきる野市教育委員会が主催し、アートスタジオ五日市運営委員会が運営する事業です。

 

アートスタジオ五日市外観

アートスタジオ五日市外観

令和元年度招へい事業を実施しました!!

9月1日(日曜日)から11月30日(土曜日)までの期間、3人のアーティストがアートスタジオ五日市に滞在しました。滞在中は、版画制作を行いながら地域での交流活動やワークショップを行い、11月下旬には版画展を開催しました。

写真左から、Emília Blašková(エミリア・ブラシコヴァ)さん(スロヴァキア)、鈴木 理恵(すずき・りえ)さん、大杉 祥子(おおすぎ・しょうこ)さん

令和元年度寄贈作品が決定しました!

11月21日(水曜日)に第3回アートスタジオ五日市運営委員会を開催し、以下のとおり寄贈作品が決定しました。


Emília Blaškováさん(3作品)

作品名
「2」

作品名
「4」

作品名
「“友だち”“THE FRIEND”“PRIA電話”」



大杉 祥子さん(3作品)

作品名
「花笠の娘たち」

作品名
「紙はんてん(五日市祭り)」

作品名
「紙人形 五日市子」



鈴木 理恵さん(4作品)

作品名
「続いていく風景(花がさの女の子)」

作品名
「食器棚 11.2019」

作品名
「corner drawer (SIDE OF THE FLOW OF TIME.)」

作品名
「やもりの引き出し (SIDE OF THE FLOW OF TIME.)」

招へい者版画作品展を開催しました!

11月17日(日曜日)から24日(日曜日)まで、戸倉しろやまテラスでアートスタジオ五日市招へい者版画作品展を開催しました。3人の招へい者が、9月からアートスタジオ五日市に滞在しながら制作した作品を展示しました。

オープンスタジオを開催しました!!

10月20日(日曜日)に、アートスタジオ五日市で招へい者の版画制作風景を見ることができるオープンスタジオを開催し、たくさんの地域の方などが見学にいらっしゃいました。参加者は、招へい者に版画についての質問をしたり、「あんこピロヒ」に舌鼓をうつなど、楽しい時間を過ごしました。ピロヒは、ジャガイモなどで作った皮にチーズなどの具を入れて作るスロバキアの伝統料理です。「あんこピロヒ」は、エミリアさんが来日後、具にアンコを使用することを思いつき作った、日本とスロバキアの食材が融合した創作料理です。

五日市児童館でワークショップを開催しました!!

10月16日(水曜日)に、五日市児童館で「キッチンリトグラフ チョコとコーラで版画を作ろう!!」というワークショップを開催しました。チョコや油、クレヨンでアルミホイルの版に絵を描いた後、それをコーラに3分くらい浸します。その後、版にインクをのせてから最後にプレス機で版画にしました。参加した子どもたちからは、身近な食品が版画の材料になることに驚きの声が上がりました。

阿伎留神社例大祭を見学しました!!

9月28日(土曜日)・29日(日曜日)に、阿伎留神社の例大祭を見学しました。

五日市小学校の図工の授業に参加してきました!!

9月25日(水曜日)に、五日市小学校の図工の授業に参加して児童と交流してきました。

五日市小学校の朝礼で挨拶しました!!

9月17日(火曜日)に、五日市小学校の朝礼にお伺いして、児童の皆さんの前で自己紹介をしました。

その後、校内を見学させていただきました。

親子鑑賞会 TAP DO! タップダンス・コメディ・ショー!を鑑賞しました!!

9月16日(月曜日・祝)に、親子鑑賞会 TAP DO! タップダンス・コメディ・ショー!を鑑賞しました。

岩走神社祭礼を見学しました!!

9月15日(日曜日)に、岩走神社の祭礼を見学しました。

二宮神社秋季例大祭(生姜祭り)を見学しました!!

9月9日(月曜日)に、二宮神社秋季例大祭(生姜祭り)を見学しました!!

市役所を訪問しました!

9月2日(月曜日)にあきる野市役所を訪問し、私市 豊教育長にご挨拶しました。

【参考】令和元年度招へい者募集!!(※募集は締め切りました)

令和元年度募集要項

●募集人数

外国人1人、日本人2人、計3人

●招へい期間

令和元年9月1日から11月30日までの3か月間

●招へいの条件

(1)外国人
※日本と国交のある外国籍を有する個人で、原則として40歳以下の者
※日常会話が可能な程度の英語の言語能力を有し、健康である者
※他の招へい者との共同生活や創作活動において、協調性を有する者
(2)日本人
※日本国籍を有し、原則として40歳以下の者
※日常会話が可能な程度の英語の言語能力を有し、健康である者
※他の招へい者との共同生活や創作活動において、協調性を有する者

●助成

(1)招へい者に対し、アートスタジオ五日市レジデンス助成として、招へい期間中に月々8万5千円を支給します。
(2)外国人招へい者に対し、居住地から日本までの往復の航空運賃を支給します。ただし、12万円を限度とします。

●応募方法

(1)所定の「アーティストインレジデンス事業申請書」、作品10点をJPEG方式で取り込んだCD-ROMまたはDVD-ROMおよび作品説明を、令和元年6月12日(水曜日)までにあきる野市教育委員会に提出してください。
(2)申請書には、推薦者(機関)のコメントが必要です。

●招へい者の決定及び連絡

招へい者の決定は、アートスタジオ五日市運営委員会が行い、令和元年7月1日(月曜日)までに応募者及び申請者に連絡します。

●選考委員

※池田良二 氏(武蔵野美術大学名誉教授)
※滝沢恭司 氏(町田市立国際版画美術館学芸員)
※生嶋順理 氏(東京造形大学教授)
※木村繁之 氏(版画家)
※吉田亜世美 氏(版画家)
※内倉雅美 氏(戸倉西部自治会員)
※中島徹也 氏(戸倉東部自治会員)

●作品の寄贈

招へい者は、招へい期間終了時において、2種類以上の作品をあきる野市に寄贈していただきます。寄贈作品の選定は、アートスタジオ五日市運営委員会が行います。また、寄贈作品の所有権及び版権はあきる野市に帰属します。

●注意事項

アートスタジオ五日市運営委員会は、招へい者を対象とする傷害保険に加入しますが、補償範囲外の事故・病気などは、招へい者の責任となります。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所教育部生涯学習推進課

電話: 生涯学習係 内線3011/文化財係(五日市郷土館 042-596-4069)/公民館係042-559-1221

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)