ページの先頭です

【健康情報】熱中症を防ごう!

[2020年7月27日]

今年の夏は特に注意を

 

 近年、気候変動による厳しい暑さで、熱中症が心配されるようになりました。

 さらに今年は、新型コロナウイルス感染症(以下「コロナ感染症」)の防止のためにマスクを着けていること、また、在宅勤務や学校の休業、外出の自粛などで体を動かして汗をかく機会が少なくなり、体が暑さに慣れていないことなどから、熱中症のリスクが高くなっています。 

 今年の夏は、例年以上に熱中症に対して注意が必要です。  (環境省熱中症予防情報サイト

 

元気に夏を過ごしましょう





熱中症について理解を深め、しっかり対策をとって、暑さに負けず元気に過ごしましょう。

体温調節のしくみ

 

  熱中症対策のために知っておきたいことが、私たちの体の体温調節のしくみです。


  私たちの体は、気温が高くなった時でも、体温が37℃前後になるよう調整しています。

  体温の調整には、「外気への放熱」と「発汗」の2つの方法があります。

図1 体温調節のしくみ(平常時の体温調節反応)

 




体は自律神経の働きにより、
無意識のうちに体温調節をしています。

(1)外気への放熱

  体の末梢血管を広げて多くの血液を流し、皮膚から熱を逃がします。熱を出している人の顔が赤ら顔にみえるのもそのためです。

(2)発汗

  汗をかいて、その汗が蒸発するときに熱が奪われる気化熱という現象で体温を下げる方法です。


 これらの方法では追い付かない時や大量の汗をかいて体の水分量・塩分量が減少した時に体温が上昇してしまい、大切な臓器が高温にさらされることで起こるのが、熱中症です。 



熱中症はどんなときになりやすい?

 

 熱中症を引き起こす要因は、 「環境」「からだ」「行動」の3つに分けられます。


(1)環境   

  次のようなものが、環境の要因です。

  

図2 熱中症が起こりやすい環境


 (2)からだ

◆子ども・・・体表面積が大きいため熱しやすく冷めやすい、体温を調節する機能が未発達という体の特徴があります。

                また晴天時の屋外では、子どもは大人よりも身長が低いため地面に近く、高温の環境にいることになります。

※ 保護者の方は、屋外ではベビーカーや歩くお子さんに帽子や日よけで暑さよけを工夫するとともに、顔色や汗のかき具合などお子さんの様子に特に注意が必要です。


◆高齢者・・・体の水分量が成人と比べて減少し(体重あたりの水分量は成人で60%前後のところ、高齢者は50~55%)、暑さやのどの渇きを感じにくい、汗をかきにくい、という特徴があります。

※ 周囲の方は、水分補給や食事・運動などの生活の様子に気を配り、声かけをしましょう。


◆その外にも、糖尿病や心臓病などの持病がある方や、低栄養にある、寝不足の人は熱中症になりやすいので注意しましょう。


(3)行動  

 激しい運動・慣れない運動、長い時間の屋外作業、水分補給がしにくい、などがこの要因に当たります。

※ スポーツの活動時や職場での作業においては、あらかじめ熱中症の予防対策を計画し、確実に対策を実施できるようにしましょう。

 (熱中症環境保健マニュアル2018 運動・スポーツ活動時の注意事項、労働環境での注意事項 参照)


熱中症の症状と対処

 

 熱中症は次のような症状がみられます。

【軽症】   めまい、立ちくらみ、筋肉痛・筋肉の硬直(こむら返り)、手足のしびれ、汗がとまらない

【中等症】  頭痛、吐き気、嘔吐、からだがだるい、虚脱感

【重症】   呼びかけや刺激への反応がおかしい、全身のけいれん、まっすぐに歩けない・走れない、高体温(体に触ると熱い)

        

 重症の場合は、命にかかわります。また、腎臓、肝臓、循環器の病気の発症や後遺症を残すこともありますので、熱中症を疑った時には、「緊急事態である」と考えて、すぐに対処することが大切です。  

 次の熱中症の応急処置のチェック項目から、どのような状況かよく観察して、状況にあった対応をしましょう。

 

図3 熱中症の応急処置

 




 ≪現場での応急処置のポイント≫

(1) 涼しいところに避難し、体を冷やす

・ 風通しのよい日陰やクーラーがきいている室内へ移動します。

・ 衣服を脱がせたり、ベルトやネクタイをゆるめるなどして、からだから熱を逃がします。

・ 濡らしたタオルや氷のうなどで、大きな血管の通っている首の付け根・脇の下・足の付け根を冷やすと効果的です。うちわや扇風機等であおいで風をあてるのもよいでしょう。

※ 重症の場合の救命は、いかに早く体温を下げることができるかにかかっています。救急車が到着する前でもできる限り体を冷やす処置を行いましょう。


(2) 水分・塩分の補給

・ 冷たい水を飲むことが、胃の表面から体の熱を奪うだけでなく水分補給にもなり、効果的です。

・ 汗で失った塩分を、経口補水液やスポーツドリンク、食塩水(水1リットルに1~2gの食塩)で補給しましょう。

※ 呼びかけに反応がないような意識障害がある時に口から水分を飲ませることは、気道に水分が流れ込む危険性があるため禁物です。

   

 救急隊員が到着した際や医療機関に受診したときには、どのような状況下で起きたのか、その経過や症状を伝えるようにしましょう。  

 また、処置をした人は、コロナ感染症の予防のために、処置後は石けんによる手洗いやアルコール消毒をしましょう。


熱中症を防ぐために気をつけたいこと

 

 次のような工夫が熱中症の予防になります。


(1)暑さを避けましょう。

◆過ごす場所の工夫

・室内では、2つの窓を開けることで風通しがよくなります。室内の窓やドアの位置から、換気方法を確認しましょう。

・エアコン(冷房)は、設定温度でなく、室温計を確認しながら、28℃を目安に調整しましょう。(室温が24℃を下回るくらいに低すぎても外気温との温度差が体への負担になります。)

※コロナ感染症対策として、エアコンを使用しているときも定期的に換気をしましょう。

・太陽の光をカーテンやブラインド、すだれなどで遮断するのも効果的です。

・屋外では、日陰の涼しい場所を確保して、適宜休憩をとりましょう。

◆衣服の工夫

・ゆったりとした服装は、体の表面に風を通し熱の放散をしやすくします。また、襟元をゆるめたり、速乾素材を活用しま しょう。

・炎天下では日傘や帽子を使って、できるだけ直射日光を避けましょう。

・黒色系の衣類やマスクは、熱を吸収し体温上昇につながるので避けましょう。

◆行動の工夫

・天気予報を参考にし、暑い日は無理な行動をしないようにしましょう。

・屋外を歩く時は、日陰を選んで歩くようにします。

・適宜休憩を取って水分補給や体を休ませましょう。

 

(2)こまめに水分補給をしましょう。

 汗の原料は、血液中の水分や塩分です。汗をかくためにも水分補給は重要です。

・喉の渇きを感じなくとも水分補給をします。(食事とは別に飲み物としてとる目安量が1日1.2リットルです。)

・大量の汗をかいた時には、汗の量に見合った水分をとる必要があります。塩分の補給も忘れずに。(経口補水液やスポーツ飲料には塩分が含まれ吸収されやすいので、大量の汗をかくと思われる時、熱中症が心配される時は、あらかじめ用意しておくとよいでしょう。)

・水分補給をする時間を決めておきましょう。(例えば、1時間ごとにコップ1杯、起床後すぐや就寝前・入浴後の1杯、食事と食事の間の時間にお茶タイムを設けるなど)。

・アルコール飲料は、尿量を多くし体の水分を排泄してしまうので、水分補給になりません。



図4 熱中症予防のポイント



(3)日ごろから暑さに備えた体づくりと体調管理をしましょう。

・体温調節にかかわる自律神経の働きをよくするために、食事や運動、睡眠、生活リズムといった毎日の生活習慣で、健康な体をつくることが大切です。朝ごはんを抜いたり、睡眠不足や二日酔いなど、体調不調につながる生活習慣は改善しましょう。

・無理のない範囲で、適度に運動して汗をかく習慣を身につけておきましょう。(「やや暑い環境」で、「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度が目安です。)急に暑くなった日には、無理をせずに徐々に暑さに慣れるよう工夫しましょう。

・毎日の体温測定や体調確認は、熱中症の予防とともに、コロナ感染症をはじめ、病気の兆候を早くつかむことにもつながります。


(4)マスクの着用について

 マスクをしていると、熱が逃げにくい上に、のどの渇きが感じにくいため水分補給が足りず、気づかぬうちに汗がかけくなっているなどで、熱中症のリスクが高まります。

  環境省および厚生労働省による啓発チラシ(熱中症予防×コロナ感染防止)

              

屋外ではマスクをはずしましょう

・屋外で人との距離が2メートル以上離れている時は、マスクをはずしましょう。

・マスクの着用時は、激しい運動を避け、こまめな水分補給を心がけましょう。

熱中症警戒アラートの発表が試行されています

 

 環境省と気象庁では、令和2年7月から効果的な情報発信として、関東甲信地域を対象に「熱中症警戒アラート」の発表を試行しています。これまでの気象庁が気温をもとに出していた高温注意情報と違い、気温と湿度と輻射熱(地面や建物・体から出る熱)の3つを取り入れた「暑さ指数」を指標として発表されるものです。


暑さ指数





(1)発表期間  令和2年7月1日(水曜日)~10月28日(水曜日)

(2)「熱中症警戒アラート」の発表の単位・基準・方法

 ・都道府県単位

 ・各都県内の暑さ指数予測地点のいずれかにおいて、「日最高暑さ指数」が33℃以上と予想したとき

 ・前日の午後5時頃と当日の午前5時頃に発表


   気象庁熱中症警戒アラート環境省熱中症予防サイト


※ テレビや環境省・気象庁のウェブサイト等による発表に注視し、熱中症警戒アラートが発表された際は、特に熱中症に注意をしましょう。

※ 熱中症になりやすい高齢者、子ども、また、障がい者の方々には、周囲からの熱中症予防に関する声かけをお願いします。

※ 市では、東京都に「熱中症警戒アラート」が発表されたときに、防災無線やメール配信で市民の皆さんへ熱中症予防の注意喚起を行います。

 


 <出典・参考文献等>

  ・環境省熱中症予防サイト

  ・熱中症環境保健マニュアル2018

  ・環境省および厚生労働省による熱中症啓発チラシ(熱中症予防×コロナ感染症)

  ・厚生労働省ホームページ

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所健康福祉部健康課

電話: 健康づくり係 内線2661/母子保健係 内線2666、2667/予防推進係 内線2668、2669

お問い合わせフォーム


【健康情報】熱中症を防ごう!への別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)