ページの先頭です

幼児教育・保育の無償化が始まります!

[2019年9月2日]

 令和元年10月1日から幼児教育・保育の無償化が実施されることとなりました。
 無償化の概要や必要な手続きについて、こちらのページでお知らせします。
 

対象者と無償化の範囲について

 無償化の対象範囲や金額(上限額)は、施設やお子さまの年齢、「保育の必要性」の認定の有無によって異なります。

認可保育所、認定こども園、幼稚園

  • 3歳児クラスから5歳児クラスのすべての子どもの保育料が無償となります。
  • 0歳児クラスから2歳児クラスの子どもについては、住民税非課税世帯を対象として保育料が無償となります。

※ 認定こども園(1号児)と幼稚園については、入園できる時期に合わせて満3歳児クラスから無償となります。
※ 幼稚園の保育料の無償化は、金額に上限(月額25,700円まで)があります。

認定こども園、幼稚園の預かり保育

 あきる野市から「保育の必要性」の認定を受けた場合は、預かり保育の利用料が無償となります。

  • 3歳児クラスから5歳児クラスの子どもは、保育料の無償化に加えて、預かり保育の利用料が無償となります。
  • 満3歳児クラスの子どもは、保育料が無償となりますが、預かり保育の利用料は無償化の対象外となります。
  • 満3歳児クラスで、住民税非課税世帯の子どもは、保育料の無償化に加えて、預かり保育の利用料が無償となります。

※ 預かり保育の利用料の無償化は、金額に上限(日額450円まで)があります。

認証保育所、その他の認可外保育施設

 あきる野市から「保育の必要性」の認定を受けた場合は、上限額まで保育料が無償となります。

  • 3歳児クラスから5歳児クラスの保育料が、月額37,000円まで無償となります。
  • 0歳児クラスから2歳児クラスの住民税非課税世帯を対象として、保育料が月額42,000円まで無償となります。

無償化の対象となる子育て支援事業(一時預かり、病児病後児保育、ファミリー・サポート・センター事業)

 あきる野市から「保育の必要性」の認定を受けた場合は、上限額まで利用料が無償となります。

  • 4月1日時点の年齢が3歳から5歳の子どもの利用料が、月額37,000円まで無償となります。
  • 0歳から4月1日時点の年齢が2歳で、住民税非課税世帯の子どもの利用料が、月額42,000円まで無償となります。

※ 複数の子育て支援事業を利用する場合でも、無償化の対象となります。
※ 認可保育施設・認定こども園・幼稚園の在園児は、子育て支援事業を利用しても無償化の対象外となります。

下表の〇印に該当する場合は、保育料・利用料が無償となります。

(※)・・・無償化にあたって、あきる野市から「保育の必要性」の認定を受ける必要があります。
 一時預かり・病児病後児保育・ファミリー・サポート・センター事業は、4月1日時点の満年齢で数えてください。(例:4月1日時点で満3歳⇒3歳児クラス)

保育の必要性の認定について

 上の表の(※)に該当する場合、無償化の対象となるためには、あきる野市から「保育の必要性」の認定を受ける必要があります。
 市が認定するにあたり、申請書に添付して、「保育の必要性」を確認するための書類を提出していただきます。
 「保育の必要性」の要件と認定の有効期間および提出書類は下表のとおりです。
 ★・・・あきる野市の様式があります。下のリンクからダウンロードしてご利用ください。

「保育の必要性」を確認するための書類

対象施設等について

 施設や「保育の必要性」の認定を受けるか否かにより、手続きが異なりますので、ご注意ください。

認可保育所をご利用の方

対象施設

 市立保育所(屋城保育園、神明保育園、すぎの子保育園)
 私立保育所(東秋留保育園、西秋留保育園、草花保育園、よつぎ第一保育園、よつぎ第二保育園、秋川あすなろ保育園、誠和保育園、増戸保育園、五日市保育園、五日市わかば保育園、光明第六保育園、あきる野こどもの家、あきる野こどもの家DUE)
 小規模保育施設(秋川文化保育園、たまがわベビーハウス、よつぎっ子えん西、よつぎっ子えん東、家庭保育室ひまわり)

対象の園児
対象年齢 3歳児クラスから5歳児クラス
0歳児クラスから2歳児クラス(住民税非課税世帯のみ) 
無償化の対象 保育料 
 申請方法申請は不要です。 
 ※ 3歳児クラスから5歳児クラスの給食費、延長保育料等は、無償化の対象外となります。

認定こども園をご利用の方

対象施設

 ほうりんじ幼稚園、多摩川幼稚園、すもも木幼稚園、草花幼稚園
教育認定(1号)で、預かり保育を利用しない園児
対象年齢 満3歳児クラスから5歳児クラス                   
無償化の対象 保育料 
 申請方法申請は不要です。 
 ※ 通園送迎費・行事費・給食費等は、無償化の対象外となります。

教育認定(1号)で、預かり保育を利用する園児
対象年齢 3歳児クラスから5歳児クラス
満3歳児クラス(住民税非課税世帯のみ) 
無償化の対象 保育料+預かり保育の利用料(日額上限450円まで) 
必要書類 施設等利用給付認定申請書
保育の必要性を確認するための書類 
書類提出先 各園に提出してください。 

※ 預かり保育を利用しない園児は、申請不要です。
※ 預かり保育料の無償化は、利用日数に応じて月額の金額が変動します。(450円×利用日数)
通園送迎費・行事費・給食費等は、無償化の対象外となります。


保育認定(2号・3号)の園児
対象年齢 3歳児クラスから5歳児クラス
0歳児クラスから2歳児クラス(住民税非課税世帯のみ)   
無償化の対象 保育料 
申請方法 申請は不要です。 
 ※ 通園送迎費・行事費・3歳児から5歳児クラスの給食費等は、無償化の対象外となります。

幼稚園をご利用の方

対象施設

 秋川幼稚園、秋川文化幼稚園
預かり保育を利用しない園児
対象年齢 満3歳児クラスから5歳児クラス 
無償化の対象 入園料、保育料(月額上限25,700円まで)                             
提出書類 施設等利用給付申請書 
提出方法 各園に提出してください。 
 ※ 入園料は、入園初年度に限り、月額換算で無償化の対象となります。
 ※ 通園送迎費・行事費・給食費等は、無償化の対象外となります。


預かり保育を利用している園児
対象年齢 3歳児クラスから5歳児クラス
満3歳児クラス(住民税非課税世帯のみ) 
無償化の対象 入園料、保育料(月額上限25,700円まで)+預かり保育の利用料(日額上限450円まで) 
提出書類 施設等利用給付申請書
保育の必要性を確認するための書類 
提出方法 各園に提出してください。 
 ※ 入園料は、入園初年度に限り、月額換算で無償化の対象となります。
 ※ 通園送迎費・行事費・給食費等は、無償化の対象外となります。


認証保育所・その他認可外保育施設をご利用の方

対象施設

 認証保育所(みどりの園、ウッディキッズ)
 認可外保育施設(ころりん村幼児園)
対象となる園児
対象年齢 (1)3歳児クラスから5歳児クラス
(2)0歳児クラスから2歳児クラス(住民税非課税世帯のみ) 
無償化の範囲 (1)保育料(月額上限37,000円まで) 
(2)保育料(月額上限42,000円まで) 
提出書類 施設等利用給付申請書
保育の必要性を確認するための書類 
提出方法 各園に提出してください。 
 ※ 通園送迎費・行事費・給食費等は、無償化の対象外となります。
   なお、給食費が保育料に含まれている場合は、その相当額が無償化の対象外となります。
 ※ 認可保育所等に入所申込をした方で、既に認定を受けている方は、無償化に伴う手続きは、必要ありません
 ※ 無償化の対象となる子育て支援事業(一時預かり・病児病後児保育・ファミリー・サポート・センター事業)を利用している場合、利用料を合算した金額が無償化の対象となります。(金額に上限があります。)


子育て支援事業をご利用の方

 無償化の対象となるのは、保育の必要性の認定を受けた子育て支援事業(一時預かり、病児病後児保育、ファミリー・サポート・センター事業)の利用者です。
 認可保育施設・認定こども園・幼稚園を利用している園児は、子育て支援事業を利用しても、無償化の対象外となります。
対象となる子ども
対象年齢 (1)4月1日時点の年齢が3歳から5歳
(2)0歳から4月1日時点の年齢が2歳(住民税非課税世帯のみ) 
無償化の対象 (1)利用料(月額上限37,000円まで)
(2)利用料(月額上限42,000円まで) 
提出書類 施設等利用給付申請書
保育の必要性を確認するための書類 
提出方法 あきる野市保育課へ提出してください。 
 ※ 認証保育所またはその他認可外保育施設を利用している場合、保育料を合算した金額が無償化の対象となります。(金額に上限があります。)

参考・関連リンク

申請書を作成する際は、こちらの記入例を参考にしてください。

関連リンク

 内閣府において、幼児教育・保育の無償化に関する特設ページを開設しています。下記のリンク先をご確認ください。

 【内閣府】幼児教育保育の無償化特設ページ(別ウインドウで開く)

その他留意事項

3歳児クラスから5歳児クラスの園児の給食費の取扱いについて

 10月からの幼児教育・保育の無償化に伴い、3歳児クラスから5歳児クラスの園児の保育料が無償となりますが、給食費については、無償化の対象外です。
 これまで、保育料とは別に給食費を負担している場合は、10月以降も引き続き給食費は保護者負担となります。
 その一方で、これまで保育料の中に給食費が含まれている場合は、10月以降、給食費を除いた保育料が無償化となりますので、給食費は保護者負担となります。

認可保育所、認定こども園、幼稚園の給食費の免除について

 認可保育所、認定こども園、幼稚園の3歳児クラスから5歳児クラスで、下の(1)または(2)に該当する子どもは、給食費が免除となります。
 (1)第3子以降の子ども(※)
 (2)年収360万円未満相当世帯の子ども
 なお、この免除に伴う手続きは、必要ありません。

 (※)「第3子以降の子ども」とは、
 教育(1号)認定・・・小学校3年生以下のうち、最年長の子どもから順に数えて3人目以降です。
 保育(2・3号)認定・・・小学校就学前のうち、最年長の子どもから順に数えて3人目以降です。
 

きょうだいで保育所等を利用している場合の保育料の軽減について

 同一世帯で2人以上の子どもが保育所等を利用している場合、保育料の軽減措置がありますが、10月1日以降も引続き実施されます。

〔参考〕現行の保育料多子軽減のカウント方法

 教育(1号)認定
 ・小学校3年生以下のうち、最年長の子どもから順に2人目は半額、3人目以降は0円になります。
 保育(2・3号)認定
 ・小学校就学前のうち、最年長の子どもから順に2人目は半額、3人目以降は0円になります。

市外の保育施設等を利用している園児の保育料の無償化について

 あきる野市民が市外の施設を利用している場合、無償化の手続は、あきる野市に申請することになりますが、現在通っている施設により内容等が異なりますので、このページで確認してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所子ども家庭部保育課

電話: 保育係 内線2651、2652

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)