ページの先頭です

【参加者募集】市民企画講座「まちの中に学びあいの場を!~生涯学習の楽しさをつくる~」

[2019年8月1日]

~生涯学習の楽しさをつくる~

(講師:池上洋通さん から みなさまへ)

 日本国憲法は、太平洋戦争の悲惨な経験を踏まえて、恒久平和と基本的人権を国家の目標とし、それを実際の日常生活に実現するために、第8章に「地方自治」をおきました。そして、一人ひとりの自己決定に基づく選挙をして、政治や経済、社会のあり方を決めていくことにしました。その選挙は、国政も都政も市政もすべて生活の現場である「各市町村の地域」で行われます。
  だとすると、地域社会においてこそ、国政のこと、都政のこと、そして市政について、正しい情報に基づいた豊かな学習が必要なのではないでしょうか。もちろん、文化もスポーツも含めた一人ひとりの生き方についても…。
  この国の、そしてあきる野市の主権者としての主体的な学習のあり方を、基本の「き」から考え、学び合います。


▽日時 9月7日(土曜日)午後2時~4時

▽場所 中央公民館

▽テーマ    まちの中に学びあいの場を!~生涯学習の楽しさをつくる~
 
▽講師 池 上 洋 通 (いけがみ ひろみち)さん(自治体問題研究所 主任研究員)

▽対象 市民の方

▽定員 60人(申込み順)

▽費用 資料代:300円

▽企画・運営 公民館利用者ネットワーク 矢澤(☎559-5090)

▽申込み方法 8月1日(木曜日)から電話または直接中央公民館へ申し込んでください。

▽申込み・問い合わせ 中央公民館(☎559-1221)

講師プロフィール


池上 洋通
(いけがみ ひろみち)

1941年(昭和16年)静岡県生まれ
地方自治研究者。自治体問題研究所主任研究員。
元東京都日野市役所職員、市政策などの立案・実施に直接携わる。
1992 年、日野市役所退職後、自治体問題研究所の常勤役員となり、同研究所事務局長、常務理事、月刊「住民と自治」編集長などを歴任(~2001 年)し、日本の地方自治、特に市町村(基礎自治体)がはらむ問題点を明らかにしてその打開を目指す研究活動を行った。
その他、多摩住民自治研究所元理事長、日野・市民自治研究所副理事長、日本社会医学会、日本社会学会、日本社会教育学会、日本文化経済学会、日本ジャーナリスト会議、各会員。その他、多くの研究組織、文化・社会活動組織に参加している。



ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 教育部 生涯学習推進課
電話:公民館係 042-559-1221

【参加者募集】市民企画講座「まちの中に学びあいの場を!~生涯学習の楽しさをつくる~」への別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)