ページの先頭です

平成31年4月から産前産後期間の国民年金保険料が免除されます

[2019年5月29日]

産前産後期間の保険料免除制度

国民年金の産前産後期間免除は、次世代育成支援の観点で創設された仕組みです。

国民年金第1号被保険者が出産を行った場合に、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除されます。

対象者

「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方

免除期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間(以下「産前産後期間」といいます。)の国民年金保険料が免除されます。

なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。

ただし、施行日が平成31年4月1日ですので、平成31年3月以前の期間については免除の対象にはなりません。

※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の分娩を指し、死産、流産、早産、人工妊娠中絶を含みます。

手続き

出産予定日の6か月前から届出することができます。受付期限はありません。

届出先

市役所保険年金課年金係

届出に必要なもの

  • 母子健康手帳
  • マイナンバーカードまたは通知カード(通知カードの場合は、顔写真付の身分証明書)
  • はんこ
  • 年金手帳または基礎年金番号通知書

免除期間の取り扱い

  • 産前産後期間免除として認められた期間は、保険料を納付したものとして老齢基礎年金の受給額に反映されます。
  • 産前産後期間免除は、法定免除、申請免除、納付猶予、学生納付特例よりも優先されます。
  • 保険料を前納している場合、産前産後期間の保険料は還付されます。
  • 産前産後期間についても、付加年金に加入し付加保険料を納付することができます。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 市民部 保険年金課
電話: 年金係 内線2425
青梅年金事務所
電話:0428-30-3410

平成31年4月から産前産後期間の国民年金保険料が免除されますへの別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)