ページの先頭です

交通事故等(第三者行為)による介護保険サービスの利用について

[2019年1月25日]

交通事故等(第三者行為)による介護保険サービスの利用について

 交通事故等の第三者行為が原因で要介護状態になったり、要介護状態が重度化して、介護給付が必要となった被害者(被保険者)が介護サービスを利用した場合、その費用は加害者である第三者が負担する必要があります。

 2016年4月1日より、第三者行為により介護保険の認定申請(区分変更等含む)を行う場合、65歳以上の方(第1号被保険者)は保険者への届出が義務となりました。

提出書類

 被保険者は、交通事故等により第三者行為に該当する可能性が生じた場合、高齢者支援課介護保険係までご相談ください。なお、第三者行為に該当する場合は、市へ以下の書類の提出が必要となります。

 ・第三者の行為による被害届

 ・念書(被害者側)

 ※これらの書類は、市役所1階高齢者支援課介護保険係の窓口にございます。

 書類の提出後は、第三者側(加害者・損害保険会社等)と東京都国民健康保険連合会が損害賠償の交渉を行います。

   【提出先】あきる野市役所健康福祉部高齢者支援課介護保険係(本庁舎1階9番窓口)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所健康福祉部高齢者支援課

電話: 高齢者支援係 内線2631/介護保険係 内線2633/介護認定係 内線2635

お問い合わせフォーム


交通事故等(第三者行為)による介護保険サービスの利用についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)