ページの先頭です

横田基地所属のC-130輸送機(第36空輸中隊所属)による空中投下訓練中の基地外へのパラシュート落下について

[2019年1月11日]

横田基地所属のC-130輸送機(第36空輸中隊所属)による空中投下訓練中の基地外へのパラシュート落下について

横田防衛事務所より、下記のとおり情報提供がありましたのでお知らせします。

情報提供内容 1月9日 午後8時51分

【12月20日情報提供内容】

・横田基地所属のC-130輸送機による空中投下訓練中、富士演習場近隣にパラシュートが落下した模様

・詳細については確認中


【12月21日情報提供内容】

落下したパラシュートと思われるものが、12月19日(事案発生当日)中に、東富士演習場近隣の施設区域外で発見され、現在、近隣の陸上自衛隊の部隊において保管されています。

現在、米軍が当該パラシュートが現物であるかを確認中です。


【12月25日情報提供内容】

12月19日(水曜日)午後4時頃、発見場所近隣の事業所の方から板妻駐屯地に対し、パラシュートが落下したとの連絡があった。

パラシュートが発見された場所は、東富士演習場西側の裾野市内富士裾野工業団地付近である。(具体的な場所は別図をご覧ください。)

この連絡を受け、同日午後4時半頃、板妻駐屯地が事業所に出向き、パラシュートを回収・保管。

12月21日(金曜日)、午後4時過ぎ、米軍が板妻駐屯地に出向き、パラシュートが落下したものであることを確認し、回収。

パラシュートの発見場所において、人的・物的被害がないことを確認。

パラシュートの概要

  長さ:15フィート(約4.57メートル)

     なお、長さはパラシュートの直径であるのか縦の長さであるのかは不明

  色 :緑

  材質:軽量のナイロン生地

別図

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

横田基地所属C-130輸送機による物資投下訓練におけるパラシュートの施設区域外への落下について(口頭要請)

本件に関して、あきる野市では平成31年1月9日付で、北関東防衛局長に対し口頭要請を行っています。

詳しくはこちらのページをご確認ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所企画政策部企画政策課

電話: 内線2211、2212 ファックス: 042-558-1113

お問い合わせフォーム


横田基地所属のC-130輸送機(第36空輸中隊所属)による空中投下訓練中の基地外へのパラシュート落下について への別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)