ページの先頭です

介護予防・日常生活支援総合事業

[2017年1月30日]

介護保険法の改正を受け、あきる野市では、平成29年4月から、介護予防・日常生活支援総合事業を始めました。

介護予防・日常生活支援総合事業のご案内

介護予防・日常生活支援総合事業が始まります。 

今後、ひとり暮らし高齢者世帯、高齢者夫婦のみの世帯、認知症高齢者が増加していくことが予想されます。このような中、高齢者が住み慣れた地域で生活を続けられるよう、地域全体で高齢者を支えるとともに、高齢者自身も自らの能力を最大限に生かして要介護状態となることを予防することが大切です。そのための仕組みとして、介護保険制度において介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)が創設されました。

市では、平成29年4月からこの総合事業を開始し「地域ぐるみの支え合い」の仕組みを推進するため、高齢者を支える体制を整備していきます。

この総合事業は、介護予防・生活支援サービス事業と一般介護予防事業で構成され、高齢者の介護予防と日常生活の自立を支援することを目的としています。日頃から健康の保持・増進に努めることができるよう、ご自分にあったサービスをご利用ください。

総合事業の構成

介護予防・生活支援サービス

1 対象となる方

  1. 介護保険の要支援1・2の認定を受けている方
  2. 要支援認定更新の方で「基本チェックリスト」により総合事業対象者(事業対象者)と判定された方


2 サービスの種類

  1. 訪問型サービス:日常生活を送る上で支援が必要な場合、市が独自で基準を設定した、市指定の研修を修了した者等が提供する、掃除や洗濯などの生活援助を行うサービス(訪問型サービスA)のほか、利用者の状況によっては、ホームヘルパーが自宅を訪問し、身体介護や生活援助を行うサービス(現行の介護予防訪問介護相当)を受けられます。
  2. 通所型サービス:現行の介護予防通所介護相当(デイサービス)のサービスを受けられます。


3 サービスの移行

これまで全国一律の基準で実施されている介護予防訪問介護と介護予防通所介護は、あきる野市が独自で定めた基準で実施する訪問型サービスと通所型サービスに移ります。(※ 訪問看護、通所リハビリテーション、福祉用具の貸与などのサービスに変更はありません。)


4 サービスの利用の流れ【新規の場合】

新たにサービスを利用するには、要支援認定の申請が必要になります。

5 サービスの利用の流れ【更新の場合】

現在、要支援1・2の認定を受けている方で、介護予防訪問介護・介護予防通所介護を利用している方は、平成29年4月1日以降、要支援の認定更新手続きをされた時から訪問型サービス・通所型サービスに移ります。

一般介護予防事業

一般介護予防事業は、介護予防に関する取組みを行う事業で65歳以上のすべての高齢者を対象としており、運動・口腔機能の向上や認知症予防を目的した教室等の開催や住民主体の集いの場(体操など)を充実するため、地域の方や高齢者がリーダーとなって行う介護予防活動の育成・支援を行います。これらの事業は、広報などによりお知らせしますので、是非、ご参加ください。 
※ 自ら継続して取り組むご自分にあった活動が介護予防につながります。市が実施する事業以外でも、地域活動、生涯学習、スポーツやお仲間との活動などに進んで参加しましょう。

訪問型サービス

これまでの介護予防訪問介護は、生活援助と身体介護を合わせたサービス内容で月額の利用料が定められていますが、平成29年4月から実施する訪問型サービスでは、生活援助のみのサービスと身体介護を加えたサービスの2つに区分しており、利用料は、生活援助のみのサービスについては1回あたりの金額とし、身体介護を加えたサービスは、月額定額制としております。

訪問型サービスの区分と利用料

下の表は、例として要支援1の方がサービスを週1回の割合で利用した場合のサービス区分や利用料等を記載したものです。利用者の負担割合については、介護保険制度と同様の1割または2割です。

訪問型サービスの区分と利用料(例)
サービスの区分内容サービス提供時間利用料(1割負担の場合)
訪問型サービス
(ホームヘルプサービス)
旧介護予防訪問介護
(現行相当)
これまでと同じサービスです。
介護事業所のヘルパー等
資格者が生活援助や身体
介護を行います。
利用者により
異なります。
★月毎に定額の利用料です(これまでと同額)

週1回(月4回)で、月1,250円程度
※上記のほか、初回加算、生活機能向上連携加算、処遇改善加算等があります。
訪問型サービスA介護事業所のヘルパー等
資格者またはあきる野市
指定研修を修了した者が
生活援助を行います。
1回あたり
45分~60分程度

★利用回数に応じた利用料です

週1回(月4回)で
●有資格者の場合
 1回あたり 278円/月1,108円程度
●研修修了者の場合
 1回あたり 253円/月1,012円程度
※上記のほか、初回加算があります。     

訪問型サービスA従事者指定研修

市では、訪問型サービスAに従事する人材を養成するため、市指定研修を実施します。
この研修を受講し市に登録をすることにより、指定事業所で就労することができます。
研修の開催日程等について、市広報4月15日号(PDF)(別ウインドウで開く)及びホームページで募集いたします。

ホームページについては、こちら(別ウインドウで開く)をごらんください。

通所型サービス

通所型サービスは、利用料、サービス内容ともに、これまでと同様の月額定額制のサービスです。

通所型サービスの区分と利用料

下の表は、例として要支援1の方がサービスを週1回の割合で利用した場合の利用料等を記載したものです。利用者の負担割合については、介護保険制度と同様の1割または2割です。
通所型サービスの区分と利用料(例)
サービスの区分内容サービス提供時間利用料(1割負担の場合)
通所型サービス
(デイサービス)

旧介護予防通所介護(現行相当)

これまでと同じサービスです。
介護事業者が体操や、レクリエーション、食事等を提供します。
事業所により異なります。★月毎に定額の利用料です(これまでと同額)

週1回(月4回)で、月1,722円程度
※加算の費用は含まれていません。
※食費・日常生活費は別途自己負担となります。

訪問型サービス・通所型サービス指定事業者一覧

訪問型サービス・通所型サービス指定事業者一覧は、以下のとおりです。

訪問型サービス・通所型サービス指定事業者一覧

事業者向け情報

「介護予防・日常生活支援総合事業に係る指定申請」、「日常生活支援・総合事業サービスコード」、「事業者説明会資料及びQ&A」等の情報については、以下をご覧ください。

介護予防・日常生活支援総合事業に係る指定申請について

あきる野市介護予防・日常生活支援総合事業(第1号訪問(通所)事業)に係る指定申請の手続き等についてご案内します。

あきる野市内で第1号訪問(通所)事業を開始される場合は、あきる野市に指定申請をしてください。
(指定期間は6年ですが、各種指定期間を統一するために、指定期間内であれば、更新申請することは可能です。)
つきましては、以下の内容をご確認いただき、申請期限までに指定申請をしてください。

第1号訪問(通所)事業の申請手続きについて

指定申請が必要な事業者は、以下の表のとおりです。

第1号訪問(通所)事業の申請手続きについて
事業種別サービス種別事業所種別指定申請
第1号訪問事業
(訪問型サービス)
旧介護予防訪問介護
(現行相当)
平成27年3月31日までに介護予防訪問介護の
指定を受けた事業者(※みなし指定事業者)
平成30年2月28日まで不要
平成27年4月1日以降に介護予防訪問介護の
指定を受けた事業者/新規事業者
必要
訪問型サービスA参入する全ての事業者必要
第1号通所事業
(通所型サービス)
旧介護予防通所介護
(現行相当)
平成27年3月31日までに介護予防通所介護の
指定を受けた事業者(※みなし指定事業者)
平成30年2月28日まで不要
平成27年4月1日以降に介護予防通所介護の
指定を受けた事業者/新規事業者
必要

※みなし指定について

「みなし指定」とは、平成27年3月31日時点において、有効な指定を持つ指定介護予防訪問(通所)事業者に対し、総合事業における旧介護予防訪問(通所)介護と同一の内容のサービスを提供する事業所として、全国の区市町村が平成27年4月1日に指定したとみなすものです。
みなし指定事業者で、平成29年4月1日以降に「介護予防訪問(通所)介護の現行相当のみ実施」する場合は、みなし期間があるため、今回の指定申請は不要です。ただし、みなし期間終了前の平成30年2月28日までに、市に指定申請をしていただくことになります。

注)なお、みなし指定を受けない(拒否する)事業所は、平成29年3月31日までに、市にご連絡ください。

申請方法

指定申請をされる場合は、申請受付け期限までに、以下の「指定申請に係る提出書類」を市に提出してください。

申請受付け期限
サービス開始月申請受付け期限
平成29年4月平成29年2月28日まで
平成29年5月平成29年3月31日まで
平成29年6月以降前々月の末日まで

 【提出先】あきる野市役所健康福祉部高齢者支援課介護保険係(本庁舎1階9番窓口)/電話:042-558-1969(直通)


指定申請に係る提出書類

変更・廃止等の手続きについて

指定を受けた事業所について変更・廃止等があった場合は、届出の提出期限までに、以下の書類を提出してください。
変更・廃止等の届出の提出期限
届出内容提出期限
変更変更があった日から10日以内
廃止または休止廃止または休止をしようとする日の1か月前まで

訪問型サービス

訪問型サービスの基準や単位等については、以下の資料をご確認ください。

サービスコード表

訪問型サービスと通所型サービスのサービスコード表は、以下のとおりです。

(平成29年4月1日から変更となる介護職員処遇改善加算項目を追加しました。)


あきる野市介護予防・日常生活支援総合事業サービスコードマスタ

A2、A6のサービスコードマスタです。

(CSVファイルは開かず、対象をファイルに保存してください。)

(A1及びA5については、国保連合会提供のサービスコードマスタを使用してください。)

介護予防ケアマネジメント

総合事業における介護予防ケアマネジメントは、介護予防及び日常生活支援を目的として、その心身の状況、置かれている環境その他の状況に応じて、その選択に基づき、適切なサービスが包括的かつ効率的に提供されるよう必要な援助を行う事業です。

対象者は、要支援の認定者及び事業対象者となります。

介護予防ケアマネジメントは、利用者本人が居住する住所地の地域包括支援センターが実施します。

ケアマネジメントAについては、介護予防支援と同様に地域包括支援センターが業務の一部を指定居宅介護支援事業所に委託することも可能です。

介護予防ケアマネジメントに関する考え方、様式については、以下をご確認ください。

事業者説明会資料

Q&A

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所健康福祉部高齢者支援課

電話: 高齢者支援係 内線2631/介護保険係 内線2633/介護認定係 内線2635

お問い合わせフォーム


介護予防・日常生活支援総合事業への別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)