ページの先頭です

オオブタクサの駆除にご協力ください

[2016年7月1日]

オオブタクサは、外国から来た外来植物です。とても増えやすく、増えすぎてしまうと、オオブタクサ以外の植物が減るなどの生態系の影響や、畑に生えたり花粉症の原因になるなどの人の生活への影響が起こる心配があります。そこで、増えすぎないように対策を進める植物として、国から『重点対策外来種』に指定されています。

市では、あきる野市本来の豊かな自然を守るために、オオブタクサの繁殖を防ぐ取組を行っています。

今年もオオブタクサが生える時期(7~10月)になりました。市民の皆さまにもご協力をお願いします。

一斉に開花したオオブタクサ群落
肥沃な土壌で葉が大きく育ったオオブタクサ

オオブタクサの駆除にご協力ください

お願い1 「どこに生えているか」をご連絡ください

オオブタクサを見かけられた際は、生えている場所をご連絡ください。ただちに駆除を行う訳ではありませんが、今後の対策の参考とさせていただきます。

連絡先

環境政策課 環境政策係

電 話:042-595-1110 (直通/平日8:30~17:15)

メール:040601@akiruno-info.tokyo.jp

※ メールで写真を送っていただける場合は、1MB以内でお願いします。

お願い2 ご自宅などの所有地に生えていたら「除草」してください

ご自宅の敷地や畑などにオオブタクサが生えてしまっている場合は、除草をお願いします。

除草の方法

オオブタクサは、「種」から繁殖する1年草です。そのため、「種が落ちないようにすること」が重要です。種がつく前に除草するか、種がこぼれないように袋へ入れるなどの方法が効果的です。

また、夏の間は再生力が強いため、刈ってもまた伸びて花をつけることがあります。生長の速度や程度が著しく、大きくなると除草が困難なため、「できるだけ小さいうちから、こまめに根ごと引き抜くこと」をおすすめします。

詳しくはこちら

あきる野市ちらし

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

市の取組状況

平成29年度報告

対応結果

159件の情報が集まり、125か所で除草依頼などの対応を行いました。
ご協力くださった皆さん、ありがとうございました。

除去作戦

公募したボランティアの皆さんと一緒に、平井川の河川敷でオオブタクサの除草を行いました。
東京都の主催する平井川流域連絡会と合同で作業し、25名が参加しました。
ご協力くださった皆さん、本当にありがとうございました。

平成28年度報告

202件の情報が集まり、147か所で除草依頼などの対応を行いました。
ご協力くださった皆さん、ありがとうございました。

関連リンク

*【PDF】技術紹介パンフレット・警戒すべき帰化雑草「オオブタクサ」(農研機構中央農業研究センター)
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/ambrosia.pdf

*【PDF】自然植生中における外来植物の防除マニュアル(暫定版)((公)日本植物調節剤研究協会)
http://www.japr.or.jp/gijyutu/image/080728.pdf

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 環境経済部 環境政策課
電話: 環境政策係 内線2811、2812

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)