ページの先頭です

第20回産業祭で実施した「省エネ型生活アンケート」の集計結果

[2014年12月17日]

平成26年11月8日、9日に開催された第20回産業祭エココーナーの「環境展」ブースにおいて、省エネ型生活のアンケートを実施しました。

来場した283人の方にご協力いただき、以下の質問についてご回答をいただきました。

「家庭でできる省エネについて、ご家庭の状況を次の中からお答えください。
1.すでに取り組んでいる 2.今後取り組んでいきたい 3.少しは取り組んでみたい 4.取り組むのは難しそう」

アンケート項目
NO.項目
1エアコンの設定温度を夏は28℃以上、冬は20℃以下を目安にする。
2家族が同じ部屋で団らんし、エアコンと照明の使用を減らす。
3石油ストーブやヒーター、電気ゴタツはこまめに消す。
4テレビやゲーム機はこまめに消し、使わないときはコンセントを抜く。
5冷蔵庫にはいろいろものをつめこまず、扉の開閉は少なくする。
6ご飯は炊飯器でずっと保温するのではなく、必要なときに電子レンジで温め直す。
7お風呂は続けて入浴、一緒に入浴を心がける。
8お風呂の残り湯を洗濯や水やりに活用する。
9車を運転するときは、急発進・急加速をやめ、エコドライブを心がける。
10不必要なアイドリングをやめる。
11白熱灯が切れたときは、省エネ効率の高い電球型蛍光灯やLED電球に交換する。
12電気ゴタツや電気カーペットの設定温度を低めにする。
13掃除機はフローリングや畳は「弱」、じゅうたんは「強」で使い分ける
14お風呂は水から沸かすのではなく、給湯式でお湯張りをする。
15洗濯物はある程度まとまってから洗う。

アンケート結果

NO.1 エアコンの設定温度を夏は28℃以上、冬は20℃以下を目安にする。

NO1

NO.2
 家族が同じ部屋で団らんし、エアコンと照明の使用を減らす。
NO2

NO.3
 石油ストーブやヒーター、電気ゴタツはこまめに消す。
NO3

NO.4
 テレビやゲーム機はこまめに消し、使わないときはコンセントを抜く。
NO4

NO.5
 冷蔵庫にはいろいろものをつめこまず、扉の開閉は少なくする。
NO5

NO.6
 ご飯は炊飯器でずっと保温するのではなく、必要なときに電子レンジで温め直す。
NO6

NO.7
 お風呂は続けて入浴、一緒に入浴を心がける。
NO7


NO.8
 お風呂の残り湯を洗濯や水やりに活用する。

NO8


NO.9
 車を運転するときは、急発進・急加速をやめ、エコドライブを心がける。

NO9


NO.10
 不必要なアイドリングをやめる。

NO10


NO.11
 白熱灯が切れたときは、省エネ効率の高い電球型蛍光灯やLED電球に交換する。

NO11


NO.12
 電気ゴタツや電気カーペットの設定温度を低めにする。

NO12


NO.13
 掃除機はフローリングや畳は「弱」、じゅうたんは「強」で使い分ける。

NO13


NO.14
 お風呂は水から沸かすのではなく、給湯式でお湯張りをする。

NO14


NO.15
 洗濯物はある程度まとまってから洗う。

NO15
省エネ型生活アンケート 集計結果
NO.項目すでに取り組んでいる今後取り組んでいきたい少しは取り組んでみたい取り組むのは難しそう無回答
1エアコンの設定温度を夏は28℃以上、冬は20℃以下を目安にする。187582675
2家族が同じ部屋で団らんし、エアコンと照明の使用を減らす。198562135
3石油ストーブやヒーター、電気ゴタツはこまめに消す。22740826
4テレビやゲーム機はこまめに消し、使わないときはコンセントを抜く。1338438253
5冷蔵庫にはいろいろものをつめこまず、扉の開閉は少なくする。13410726115
6ご飯は炊飯器でずっと保温するのではなく、必要なときに電子レンジで温め直す。2123820103
7お風呂は続けて入浴、一緒に入浴を心がける。1676524243
8お風呂の残り湯を洗濯や水やりに活用する。1704436285
9車を運転するときは、急発進・急加速をやめ、エコドライブを心がける。190549525
10不必要なアイドリングをやめる。206445523
11白熱灯が切れたときは、省エネ効率の高い電球型蛍光灯やLED電球に交換する。181781077
12電気ゴタツや電気カーペットの設定温度を低めにする。2124611212
13掃除機はフローリングや畳は「弱」、じゅうたんは「強」で使い分ける155833348
14お風呂は水から沸かすのではなく、給湯式でお湯張りをする。202481995
15洗濯物はある程度まとまってから洗う。2164211104

アンケートの結果、ほとんどの項目で、多くの方がすでに取り組んでいることが分かりました。また、まだ取り組んでいない方も、取り組んでいきたいと考える方が多いです。
省エネ型生活に取り組むと、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の発生や各家庭の光熱水費を減らすことができます。各家庭で、できることからはじめてみませんか。

関連ページ

  • 市では、市民の皆さんと一緒に省エネに取り組んでいくため、省エネモニターに登録し、データを提供していただける方を募集しています。
    「省エネモニター」のページ

 

  • 市では、家庭からのCO2(二酸化炭素)の排出量を知ることができる「環境家計簿」を作成し、配布しています。
    「環境家計簿」のページ

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 環境経済部 環境政策課
電話: 環境政策係 内線2811、2812

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)