ページの先頭です

動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)が改正されました

[2013年9月1日]

動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)改正について

 改正された動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)が9月1日に施行されました。

 施行される改正内容の一部には、「人と動物の共生する社会の実現を図ること」を目的とし、所有者の責務として終生飼養に努めることや、繁殖に関する適切な措置を講ずるように努めることが追加されました。この機会に、動物を飼っている方やこれから動物を飼おうとしている方は、あらためて動物愛護について考えていただくようお願いします。

 主な改正点

・「人と動物の共生する社会の実現」が法の目指すものであることが示されています。

・全ての動物の所有者又は占有者において、逸走の防止、終生飼育、繁殖に関する適切な措置といった責務が追加されています。

・動物販売業者の責務として、販売時にあらかじめ現物確認及び対面説明を行うことが義務付けられています。

・動物の殺傷に関する罰則について、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が、2年以下の懲役又は200万円以下の罰金に、虐待及び遺棄に関する罰則について、50万円以下の罰金が100万円以下の罰金に引き上げられています。

 動物虐待罪について、その定義が不明確であったことから、みだりに、酷使又は愛護動物の健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束すること、自己が所有する愛護動物について疾病又は負傷した際に適切な保護を行わないこと、自己の管理する施設であって排せつ物が堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設内で飼養又は保管することが、具体的な虐待の事例として追加されています。

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 健康福祉部 健康課
電話: 予防推進係 2668、2669

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)