ページの先頭です

認定の結果が非該当の方へ【地域支援事業】

[2012年4月1日]

地域支援事業は、認定審査で「非該当(自立)」と判定された方や地域のすべての高齢者を対象に、これからも元気でいるためのさまざまなサービスを提供する事業です。
地域支援事業の介護予防サービスには、「一次予防事業対象者」向けのサービスと「二次予防事業対象者」向けのサービスがあります。
※サービスの種類、内容などは市町村によって異なります

介護が必要とならないように

(1)65歳以上の方には特定健康診査や後期高齢者医療健康診査と同時で生活機能評価を行います

65歳以上の方を対象に、日常生活に必要な機能が低下していないかを調べる検査(基本チェックリスト)を含む生活機能評価を行います。
※要支援・要介護認定を受けている方は対象になりません

(2)はつらつセンター(地域包括支援センター)が二次予防事業対象者を選出します

生活機能評価の結果や健診結果、その他の情報をもとに、今後介護や支援が必要となる可能性の高い方(二次予防事業対象者)を選定します。

(3)一次予防事業対象者と二次予防事業対象者に分かれます

○一次予防事業対象者~介護や支援を必要としない元気な高齢者
 介護予防に関する情報を受けたり、地域の自主的な介護予防教室などに参加できます。

○二次予防事業対象者~今後、介護や支援が必要となる可能性が高い高齢者
 はつらつセンター(地域包括支援センター)と相談して、個別の介護予防ケアプランを作り、必要なサービスを利用します。

(4)サービスを選んで利用します

○一次予防事業対象者
・介護予防に関する各種講習会に参加できます。
・介護予防に関するパンフレットなどの配布を受け付けます。
・地域ボランティアの育成のための研修会などに参加できます。

○二次予防事業対象者
・運動や口腔機能向上の各種教室に参加できます。
・教室に通うことが困難な方に対しては、保健師などが家庭を訪問して、相談を受け、必要なアドバイスを行います。必要な指導を行います。

介護予防サービスの例

運動器の機能向上
・ストレッチ
・筋力トレーニング
 などの指導や、運動に関する相談受け付け

栄養改善
 栄養改善のための、食材の選び方や調理方法などに関する指導や、相談受け付け

口腔機能の向上
・口の中や義歯の手入れ方法
・咀嚼、飲み込みの訓練法などの指導

閉じこもり、うつ、認知症の予防
・各種教室への参加呼びかけ
・うつ、認知症の治療の必要性の確認

その他の地域支援事業【高齢者の権利を守ります】

地域支援事業では、介護予防に関する支援のほかに、高齢者の権利を擁護するための支援も行っています。
次のようなお悩みは、地域包括支援センターにご相談ください


・貯金通帳や財産の管理が自分では不安になってきた
・介護サービス事業者の対応に不満を訴えても改善されない
・悪質な商法によって高額な買い物をさせられた

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所健康福祉部高齢者支援課

電話: 高齢者支援係 内線2631/介護保険係 内線2633/介護認定係 内線2635

お問い合わせフォーム


認定の結果が非該当の方へ【地域支援事業】への別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)