ページの先頭です

【消費生活相談情報】 若者に多い消費者トラブル・悪質商法被害

[2017年4月10日]

若者の消費者トラブル

若者の消費者トラブルは、都内だけでも年間約1万6千件に上り、SNSやインターネットを利用した悪質商法のほか、クレジット契約や消費者金融(サラ金)からの借り入れを要求されるケースなどがあります。

若者を狙う悪質商法

架空請求

【主な商品・サービス】 アダルトサイト、オンラインゲームなど

携帯電話やパソコンの画面に「契約完了」などと表示し、不当に高額な料金を請求するほか、「連絡がなければ法的措置を取る」「最終通告」などと書かれた根拠のないメールなどを送りつけ、連絡をさせようとする手口などがあります。

こうすれば大丈夫!

  • 身に覚えのない請求には応じないようにしましょう。
  • 絶対に自分から連絡をしないようにしましょう。自分の個人情報を教えることになり、二次被害のもとになります。
  • このような事業者からメールや電話が来たら、受信・着信拒否やメールアドレスを変更するなどの対策をとりましょう。

キャッチセールス

【主な商品・サービス】 モデル(スカウト)、エステの無料体験など

駅前の路上で「無料体験」「アンケート調査」などと呼び止め、「お金はこちらで払うので、形式的に契約書を書いてほしい」などと言って、高額なエステや化粧品を契約させる悪質商法です。

こうすれば大丈夫!

  • 声をかけられても簡単に個人情報を伝えないようにしましょう。
  • うまい話を安易に信用しないようにしましょう。家族や周りの人の意見を聞いて慎重に対応し、しつこく勧誘されても「いらない」「買わない」とキッパリ断りましょう。

アポイントメントセールス

【主な商品・サービス】 アクセサリーや旅行等の特別割引、当選した景品の受取など

SNSや出会い系サイト上の友人から「実際に会ってほしい」と言われたり、応募した覚えもないのに「当選したので景品の受取に来てほしい」となどと言われて喫茶店や事務所に呼び出され、高額な契約をさせられる悪徳商法です。

こうすれば大丈夫!

  • SNS等で知り合った人と会うときは慎重に対応しましょう。
  • 「あなただけ特別」という言葉を鵜呑みにせず、その場で契約をしないようにしましょう。

ご相談・お問い合わせ先

あきる野市消費生活相談窓口

他機関からの情報提供

若者の悪質商法被害防止キャンペーン【東京都消費生活総合センター】

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 環境経済部 商工振興課
電話: 商工振興係 内線2531、2532

【消費生活相談情報】 若者に多い消費者トラブル・悪質商法被害への別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)