ページの先頭です

オオキンケイギクの駆除にご協力ください

[2018年6月15日]

オオキンケイギクは、国外から輸入された「外来植物」です。以前は花壇などに植えられていましたが、自然に増える力がとても強いことがわかり、大繁殖して、国内に元々生えていた植物を減らしてしまうなどの影響が心配されるようになりました。そのため、現在では、外来生物法の『特定外来生物』に指定され、栽培や運搬、販売などが禁止されています。

市では、あきる野市本来の豊かな自然を守るために、オオキンケイギクの繁殖を防ぐ取組を行っています。

今年もオオキンケイギクが咲く時期(5~6月)になりました。市民の皆さまにも、ご協力をお願いします。

オオキンケイギク
オオキンケイギク

オオキンケイギクの駆除にご協力ください

お願い1 「どこに生えているか」をご連絡ください

市内のオオキンケイギクの分布調査をしています。

オオキンケイギクを見かけられた際は、生えている場所をご連絡ください。

連絡先

環境政策課 環境政策係

電 話:042-595-1110 (直通/平日8:30~17:15)

メール:040601@akiruno-info.tokyo.jp

※ メールで写真を送っていただける場合は、1MB以内でお願いします。

お願い2 ご自宅に生えていたら「除草」してください

ご自宅の敷地において、オオキンケイギクを植えられている場合や、飛んできた種などから生えてしまっている場合は、除草をお願いします。

除草の方法

オオキンケイギクは、同じ株から何年も花を咲かせる多年草です。「種」だけでなく「根」や「茎」からも繁殖します。そのため、「種ができる前に花を刈り取ること」と、「植物を根ごと引き抜くこと」の両方を繰り返し行うと効果的です。

また、外来生物法により、生きたままの移動や保管が禁止されているため、数日間天日にさらすなどして枯死させてから、種などがこぼれないように袋に入れて、通常の可燃ごみと同様に捨ててください。

詳しくはこちら

あきる野市ちらし

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

市の取組の状況

平成30年度 報告

除去作戦

公募したボランティアの皆さんと一緒に、秋川の護岸でオオキンケイギクの除草を行いました。
15名で作業を行い、72kgのオオキンケイギクを除草できました。
ご協力くださった皆さん、本当にありがとうございました。

平成29年度 報告

対応結果

95件の情報が集まり、59か所で除草依頼などの対応を行いました。
ご協力くださった皆さん、ありがとうございました。

除去作戦

公募したボランティアの皆さんと一緒に、秋川の護岸でオオキンケイギクの除草を行いました。
15名で作業を行い、50kgのオオキンケイギクを除草できました。
ご協力くださった皆さん、本当にありがとうございました。

平成28年度 報告

対応結果

108件の情報が集まり、77か所で除草依頼などの対応を行いました。
ご協力くださった皆さん、ありがとうございました。

関連リンク

オオキンケイギクの判別方法(別ウインドウで開く)(九州地方環境事務所 外来生物法のページ)

外来生物法について(別ウインドウで開く)(環境省 外来生物法のページ)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

あきる野市役所 環境経済部 環境政策課
電話: 環境政策係 内線2811、2812

オオキンケイギクの駆除にご協力くださいへの別ルート

ページの先頭へ戻る

あきる野市役所〒197-0814 東京都あきる野市二宮350番地 
電話: 042-558-1111(代表)  法人番号:1000020132284
Copyright (C) Akiruno City. All Rights Reserved.

森っこサンちゃん(左は妹、右は兄)